2017年04月16日

その木には




あの子をちゃんと見たのは、去年の今頃が初めてだった。
小学校のころから、何度も同じクラスになり、おそらく何度も隣同士の席になったはずだ。だが、そんなこと全然覚えていなかった。僕にとっては、あの子はずっとただの同級生の一人でしかなかった。
なのに、その認識が変わったのは、公園の奥のひとけのないこの桜の木の下でだった。


あの日、僕は公園の中をジョギングしていた。
コーチの都合で部活が休みになり、エネルギーを持て余していた僕は、思い立って近所の大きな公園の中を一人でジョギングすることにしたのだ。
ぐるぐると何周もその広い公園の中を走り周り、いろいろにコースを変え、走る速さに緩急をつけ、とにかく走りに走った。そして、気が付いた時には、その場所に出ていたのだ。
公園の奥、だれも近寄らない林の中にポツンと桜の木が一本だけ生えている。満開を過ぎ、散り始めた桜は、見ている間にもはらりはらりとその花びらを舞い散らす。
その桜の下、落ちてくる花びらに意識を集中させ、空中でつかみ取ろうと一人の少女が踊るような仕草で腕を伸ばしていた。
くるりくるり。ただ無心に、真剣な顔でそのピンク色の花びらに手をかざす。でも、桜の花びらは寸でのところで少女の白い指の先を逃げ、地面へ落ちていく。
それでもあの子は目を輝かせていた。自然な笑みが顔中に広がり、楽しげに笑声を漏らしてさえいる。
僕は走るのを止め、その場に立ち尽くしていた。その姿に釘付けになっていた。その子を初めてしっかりと目に入れた。綺麗だと思った。


ふと風が吹いて、いくつかの花びらが宙へ舞い上がる。それにつられて二つの視線がさまよい、お互いにぶつかった。
「あっ」
大きく見開かれた眼が僕に向けられた。すぐに笑みがこぼれた。乱れた髪を耳に掻き上げながら、小首を傾げた。
「恥ずかしいところ、見られちゃった」
小さく舌を出して、首を竦める。頭上に広がる満開の桜を通して降り注ぐピンク色の光が柔らかく彼女を包み込んでいた。
僕は声が出なかった。ただ無言でその光景に見とれていた。
やがて、彼女は困ったような表情を浮かべた。
「なに? なにか用なの?」
何度かツバを飲み込んで、僕はようやく言葉を口にした。
「その木、毛虫がいるから、ときどき落ちてくるよ」
絶対に、もっと他に言うべきことがあった。こんな言葉なんかじゃなくて、もっと僕の本心に近い言葉を。でも、口を突いて出たのはこんな言葉だった。そして、言った直後から後悔していた。
あの子は急に頬をひきつらせると、慌てて木の根元に立てかけていたカバンへ走り寄って抱え、逃げるように走り去っていった。
途中で振りむくと、舌を出して眼を剥いた。
僕は揺れるボブの髪が木々の間に見えなくなるまでその後ろ姿を見送っていた。


今年もこの桜が満開になり、散り始めている。
枝の下の空っぽの空間にいくつもの花びらを舞い散らせ、すこしずつすこしずつ、地面をピンク色に染めていく。
あの子が踊るように跳ねていた地面をちょっとずつ隠していく。
去年、僕が初めてあの子を見つけた後、夏休み中にあの子は親の転勤に従ってカナダへ引っ越していった。
僕は結局、あの子になにも告げることはできなかった。
それから、あの子を忘れるように別の子と付き合い、何度もデートをした。でも、たぶん、僕の気持ちは彼女には最初から見抜かれていたんだと思う。
それでも、二人の距離は徐々に縮まり、二人の関係が僕の中でゆっくりと積み重なっていった。時間をかけて、しっくりと感じられるように変化していった。


僕はあの桜の木の下に立ち、頭の上に舞い落ちてくる花びらに不器用に手を伸ばす。指先がかすかに花びらに触れた。でも、つかめない。
何度も挑戦するが、結局、一度も中で花びらをつかむことはできなかった。
「ねぇ、知ってる? ここの桜って毛虫がいるんだよ」
すこし離れたところで長い髪を風にそよがせていた彼女は僕に笑いかけてきた。
「ああ、知ってる」
花びらを追うのをやめた僕は、手のひらを上に向けて掬うように伸ばす。そちらに視線もやらずに、振り返って、彼女に微笑む。
――もし、この中に花びらが留まっていたら。
軽く手を閉じて体の前へ、顔の前で小指から開いていく。指の間から、かすかにピンク色の影が見えた。
「あのさ、オレ・・・・・・」


チクチクとしたものを心の中で感じながら、告げる。


チクチクとした感触を手のひらに感じながら。


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

三年寝将棋




私の叔父は、子供のころから将棋界では神童とうたわれた人物だった。長じてからも、その才能は衆に抜きんでており、高校生でプロになり、十代でいくつものタイトルで挑戦者の資格を得たのだった。今でも、祖父母の家の応接間には、叔父が獲得した賞状やらトロフィーやらがところ狭しと飾られている。
だが、それも三年前までだった。
ちょうど今と同じ桜が満開のころだった。ある日、なにかの企画で将棋ソフトと対戦することになり、こてんぱんにやられてしまった。ショックを受けたのか、叔父は自分の部屋に閉じこもってしまい、外へ出なくなった。祖父母でさえも家で叔父の顔を目にすることはほとんどなくなった。
そんな叔父の部屋をこっそり入口からのぞいてみると、大抵、万年布団に寝転がって分厚い本を読んでいるか、ノートパソコンのモニターにむかってブツブツつぶやいている姿が見られるだけだった。
叔父は引きこもりになったのだ。


最初のころ、祖父母や仲間のプロ棋士さんたちが頻繁に訪ねてきては、叔父が将棋界へ戻ってくるようにあの手この手を尽くして説得しようとしていたが、それらはことごとく叔父の沈黙によって跳ね返された。
叔父の姉にあたる私の母や父も協力して、力づくで外へ連れ出そうともしてみたようだけど、結局ダメだった。
とうとう誰もが匙を投げだし、そうして、三年の月日が経った。
そして、その日が来た。


たまたま、その日、私は祖父母の家へ遊びに来ていた。
庭に咲いている桜が満開になったので、それをスケッチしに来たのだ。
もちろん、本当についでにだけど、祖母が毎年この時期に手作りする桜餅をいただいたりできることを期待したりとか、しなかったりなんてことは、絶対にないわけで。うん。絶対に。
縁側に座って、スケッチブックを開いて鉛筆で桜の木を描いていく。近所で飼われているトラ猫が横切り、ひばりがチチチと飛びぬけていく。のどかな光景だ。
心地よい柔らかい風に吹かれながら、快調に鉛筆を動かす。時に手を止め、腕を伸ばして鉛筆で長さを計ったり。
――バタン。
背後でドアが開いた。いよいよ待ちに待った桜餅が・・・・・・
期待で目をきらめかせながら振り返ったら、そこに立っていたのは、ヨレヨレの部屋着でむさくるしい姿の叔父だった。
「よぉっ」
ヒゲもじゃの顔を上機嫌そうに綻ばせて、私に挨拶してくる。いつもむっつり黙っているだけの人なのに。
「こ、こんにちは」
「おう」
そのまま、背後を通り抜けて、廊下の方へ歩いて行った。
廊下の方からは祖母が驚きの声を上げているのが聞こえてくる。
――まぁ! まぁ! まぁ!
そうして、叔父は風呂場の方へ消えていった。


風呂場で髭をそり、こざっぱりとした叔父は、キチンとした格好に着替えた。それから自室へもどり、大量の本を抱えて出てきた。そのどれもがチェスの本。
「えっ? 棋士辞めちゃうの?」
私が驚いていると、
「ん? いいや、辞めない」
「で、でも・・・・・・」
今、叔父がうれしそうに目を通しているのはやっぱりチェスの本で。
「この三年間将棋ソフトに完敗してから考え続けた。どうやったらあのソフトに勝てるのかってな」
「・・・・・・」
「で、ひらめいたわけだ。非ユークリッド幾何学って知ってるか?」
「えっ?」
なんか話に脈絡がないような。将棋の話をしていたはずなのに、なんで幾何学?
「紀元前三世紀のエジプト人でユークリッドっていう人がだれが考えても正しいと思われる五つ公準を出発点に幾何学のすべての定理・命題は矛盾なく説明されうるんだということを証明しようとした」
「う、うん・・・・・・」
「でも、十九世紀に入って、その出発点になった公準の一つが別のものであっても、矛盾のない幾何学が組み立てうるんだってことを証明してしまったわけだ。それを非ユークリッド幾何学という」
ちょっと目が回るようなことをいう叔父だ。私の理解が追いつかない。
「ま、要するに、俺たちが知っているルールで成り立つ世界の他にも、全然別のルールでも成り立つ世界が存在しうるんだよってな話だな」
「は、はぁ〜?」
まだ、納得していない顔を私がしていたのか、
「ほら、この桜餅。クレープみたいな焼いた生地であんこを包んであるだろ?」
「うん」
「でも、これが関西風のものだったら、同じ桜餅って名前であっても、全然別物になる。浅くついたモチ米であんこを包み込ん形のな」
そうして、叔父は手につまんだ桜餅を自分の口に放り込んだ。
それ、私のだったのだけどな・・・・・・
「で、この三年間、考えたわけだ。俺たちは将棋のルールの中で指し手を考えてきた。定跡を編み出し、奇手・妙手をひねり出してきた。でも、この世の中には様々なゲームであふれている。なら、俺たちの将棋の世界の他にも別のルールの中で定跡や奇手・妙手を生み出してきた奴らがいるに違いない。当然、ルールが違うのだから、そいつらの手は全然俺たちのものとは考え方から違うかもしれない。でも、やっぱりキチンと一つの体系の中でまとまっているものだろう。そして、もしかすれば、それらの中には俺たち将棋のルールにも応用できる手があるかもしれない。そこから、俺たちが今まで知らなかった新しいなにかが生まれるかもしれない。俺はそう結論づけたわけだ。この三年間考え続けた結果として」
熱っぽくそう語るわけだけど、正直、難しくて、よく分からない。ただ、要するに、チェスを研究することで将棋にも新しい風が吹き込むかもしれないって叔父は言っているのだろう。
「将棋ソフトだって、俺たちと同じ将棋のルールの中で成長しているわけだ。当然、俺たちと同じように将棋のルールにがんじがらめにとらわれているわけだし、俺が編み出したチェスの妙手を応用した手には対応できるはずないだろう? やつらにすれば、全然、別のルールの世界からやって来た奇想天外な手なんだしさ」
「・・・・・・そ、そうかも」
「な、そう思うだろ」
そうして、満足そうに新しい桜餅を頬張るのだった。私の桜餅を・・・・・・


叔父の快進撃が始まった。
将棋界に復帰した叔父は、連戦連勝だった。またたくまにいくつものタイトルをとり、クラスを駆け上がった。
叔父の編み出したチェス将棋は、他のどの棋士にとっても初めて見るものだったし、そして、その一手一手のどれもが彼らには優劣の判断さえつけられないものだった。理解不能だった。
叔父は将棋界を席巻する風雲児だった。
そうして、また桜が満開の季節がやってきた。
あのときからさらに進化した将棋ソフトと叔父は対戦した。それでも、叔父は自信満々で絶対に勝てると豪語してさえいた。
だけど、結果は・・・・・・大敗だった。
まったくいいところもなく敗れ去った。惨敗だった。
「なぜだ? なぜだ?」
幾晩もの自問の末に、何かに気が付いたみたいだ。
「そうか、あいつらの元々の出発点はチェスの名人を倒すことだ。そもそもチェスの手には慣れているんだ。なんてことだ。し、しまったぁ!」


気づいてはいけないことに気が付いて、しょげていたのは一晩だけのことだったようだ。
翌朝にはケロリとした顔していたし。
そうして、叔父は今、麻雀牌に埋もれて生活している。
「次こそは絶対に勝ってみせる! そら、ツモだ!」


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

君が気に入ったわ




「君が気に入ったわ。私のところへ来なさい」
初対面の年上の、その上とても綺麗な女性からそんなことを言われて、舞い上がらない男なんていないだろう。
まさに、今の僕がそうだ。


この学校の入学式を終えた翌日、新入生へ向けてのクラブ勧誘活動が始まったその瞬間、真っ先に僕たちのクラスに乗りこんできて、この目の前の楚々とした見るからにお嬢様っぽい先輩がそう僕に告げたのだ。
静まり返った教室。昨日初めて会ったばかりの同級生たちが僕たちのことを目を丸くして見つめる中、何が何やら分からないうちに、僕は引きずられるようにして先輩の部活、文芸部の部室へ連れこまれたのだった。
「えっと」
「ようこそ。我が文芸部へ」
「は、はぁ」
マヌケな返事しかできない。というか、それ以外の返事なんてできるわけない。頭が回らない。
「座って、楽にしてくれていいから」
「はぁ 失礼します」
要領を得ないまま、部室に備え付けのパイプ椅子に腰かけた。
「先輩、一人なんですか?」
「うん? ああ、他の部員は図書館の方へ遠征してるわよ。すぐに本好きの哀れな新入生たちを捕まえて戻ってくると思うわ」
「そ、そうなんですか・・・・・・」
四方の壁を、ぎっしりと詰まった本棚が占領している部室。中央にテーブルがあり、僕が座る向かいで先輩が文庫本を広げている。
「えっと・・・・・・」
周囲を見回す。レンガみたいに分厚い文芸本だとか、カラフルな文庫本なんかが並んでいる中、見慣れた背表紙のあれは。
「マンガもあるんですね」
「ええ、そうよ。本ばかり読んでても疲れるでしょ」
「はぁ」
「好きなの手に取って読んでいいのよ」
「はぁ」
結局、手持ちぶさたなので家にもあるコミックスの一巻目を引き出して読むことにした。


「僕・・・・・・オレ、本とか読まない人なんですけど、いいんですか? 文芸部で?」
二人の人間がいるのに、黙々と読書している。会話もない。そんな沈黙に耐え切れずにとうとう口を開いた。
「ふふふ。あら、いいわよ、そんなの別に。私だってそんなに本なんて読まないし」
「そうなんですか?」
そう言っている割に、まったく手元の文庫本から視線を外さず、ページを繰っている。
しばらく、ほけっとその姿に見とれていたのだが(だって、すごく様になってて、窓から差し込む午後の光の中で神々しく輝いてさえ見えていたのだから)、
「あ、あの。どうしてさっきあんなこと言ったんですか?」
「あんなこと?」
「ほ、ほら、僕たちの教室に来て、先輩が・・・・・・」
正直、改めて僕のことを気に入ったって自分で言うのも恥ずかしいな。
「あら? うふふふ」
先輩はからかうように僕のことを見つめてきた。そんな風にされると、顔が熱くなる。居心地が悪い。
そんな僕の恥ずかしがる様子を観察してから、すっとテーブルの端に置いた僕のカバンを指さした。それから、自分のカバンを持ち上げて、
「ほら、これ」
「えっ? それって」
先輩のカバンの横についていたのは、僕のお気に入りのロックバンドのロゴが入ったバッグチャーム。もちろん、同じものが僕のカバンにもつけてある。
「私もファンなの」
「そうなんですか」
家族にも友人たちも、今まで身近にいただれひとりとしてあのバンドのファンなんていなかったのに、新しい学校へ入って早々にファン仲間を見つけちゃうなんて。
「僕、先月のライブ観にいってたんですよ」
「ふふふ。私もよ」
「そうなんですか。すごかったですよね。実は僕、ライブ観にいったのあの時が初めてで、感動してアンコールの曲のところで泣いちゃったんですよねぇ」
「ええ。号泣してたわね」
「えっ? 見てたんですか?」
「うふふふ」
神秘的な笑みを僕に向けていた。
――うん、この人にならこの三年間ついていってもいいかもしれない。


「でも、すごいですね。あんなのそんなに大きくないのに、すぐに見つけちゃうなんて」
バッグにつけてるチャームなんて、ほんの五センチもない大きさだ。大勢の新入生の中からそれを見つけだすなんて、さすがファンを自認しているだけのことはある。
「君の顔を覚えていたからね」
「えっ?」
「私の横であんな風に号泣してたら、そりゃ誰だって顔ぐらい覚えちゃうわよ」
「・・・・・・隣にいたんですか?」
「ええ、そうよ」
あんなみっともない姿を見られていたなんて。しかも、顔まで覚えられていたなんて・・・・・・ 穴があったら入りたい。
の、だけど。
けど、あのとき、僕の隣にいたのって、髪を赤や黄色に染め上げて、逆立て、けばけばしい化粧をして、真っ赤な舌を大きく出しながら指を立ててポーズを決めてるような人だったはず・・・・・・
こんな清楚でお嬢様っぽい美人さんなんかじゃなくて、もっと荒っぽい感じで、ヤンキー風の・・・・・・
そう、今、目の前でぎょろりと大きな目を剥いて、舌を長く伸ばし、指を立ててポーズを決めているちょうどそんな姿の・・・・・・
「夜露死苦!」


「この学校、結構、ああいうのうるさいのよねぇ 先生とかに知られたら、平気で内申点とか下げてくるんだから、内緒にしててよね」
「はぁ」
どう見ても、あのときの人には見えない。お茶とかお花が似合いそうな可憐で優雅なお嬢様なのに。
「いい、二人だけの約束よ」
「は、はい・・・・・・」
つまり、あのとき隣にいたのことを口止めするためだけに、僕を文芸部に誘ったってわけか。
そ、そうだよなぁ。今まで生きてきて、一度もあんな風に『君が気に入った』なんて言われたことなかったし。だよなぁ〜
「ハァ〜」
思わず、ため息がこぼれてしまった。失望というか、安心というか。そんなのがごちゃ混ぜな感じ。ま、理由がわかってすっきりはしたかな。
い、いや、別に泣いてないし。これは汗が眼から出ただけだし。
なんたって今日は暑いしね。
「でも、それはそうと、今度の日曜日、君、空いてるかしら、ちょうどチケットが一枚余ってるのだけど」


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする