2017年04月30日

暖かい風




なんだろう? 今日はずっと隣から視線を感じる。絶対、気のせいなんかじゃない。だって、さっき一緒にトイレに行った時、柚香だってそう言ってたもん。白石ずっと見てるねって。
生まれてこの方、男子にモテたことなんて一度もないのに、朝からこんなに見つめられるなんて・・・・・・ 自然と頬が熱くなる。
で、気になって、そっちを見るのだけど、わざとらしく視線をそらして、決して私と視線を合わせようとはしないんだよね。
なんだろうね、一体?


次の休み時間こそは話しかけてみようって決心して、ジリジリしながら先生が教室を出ていくのを待っていたら、そんな時に限って当番でプリント運ばされちゃって、機会を逃して。
その次の休み時間こそはって思ってたら、移動教室。その次は体育で。
結局、昼休みになってしまった。
お弁当をだして、いつものように柚香のところへ移動しようか迷っているうちに、隣の席には新井がきていて、おしゃべりをはじめちゃってるし。
「白石、進路希望調査、書いた?」
「ああ、書いたよ」
「へぇ、どこ目指してるん? やっぱ地元の国立?」
「まあな。そっちは?」
「近場の私立だな。俺、成績良くないし」
「そっか」
偶然、新井と目があってしまった。かすかに目元に笑みを浮かべたような気がする。
「白石はいずれおやっさんの跡つぐんだろ?」
「ああ、その予定だ」
「いいな。社長だろ?」
「いきなりは無理だよ。ちゃんと社員から入って技術とか身につけないと」
ふ〜ん。そっか、お隣さんはどこかの会社の家の子なんだ。
「じゃあ、おやっさんの後はジュンさんの旦那さんが継ぐの?」
「ん? ああ、たぶんな」
「そっか、広野の兄ちゃんも出世だよな」
「出世かどうかは知らねぇけどな。うちは今にも潰れそうな中小零細だしな」
苦笑している。
というか、広野? 一瞬、ビクンとした。私の名字も広野だし。しかも純ってのも私の名前。
えっと・・・・・・?
「ちょっと訊いていい? その、ジュンさんだとか、広野さんだとかって・・・・・・?」
思わず声をかけた私に答えたのは新井だった。
「ああ、ジュンってのはこいつの姉貴。先週こいつのところで働いている広野の兄ちゃんと結婚したんだわさ」
「そ、そうなんだ・・・・・・」
広野さんと結婚したジュンさん。広野ジュンさん。私と同姓同名。
「ああ、それで、おねえさんが同じ名前になったから朝からずっと私のこと気にしてたんだ」
ポツリとつぶやいた私の言葉にお隣さんは鼻の脇を搔きながら困ったような表情を浮かべていた。私からも新井からも視線をそらせながら。
理由が分かって、安心したというか、ちょっと落胆したというか。複雑な感じで。
「そっか。広野ジュンさんって人か」


「理由は姉ちゃんと同じ名前ってだけじゃないけどな」
五時間目の後の休み時間、六時間目のノートを準備していたら、隣から声が聞こえた。
「えっ?」
私と同じように次の授業の準備をしながら、こっちに視線をやらずにつぶやいている。
「新井のヤツ、こないだからずっと広野のことばかりベタぼめだったから、ついな」
私にだけ聞こえるような声でそんなことをつぶやいてきた。鼻の脇を搔きながら。
一瞬、脳裏に私に笑みを向けてきた顔が思い浮かんだ。
開け放った窓から吹き込む五月の風は、すっかり暖かく、私の頬を火照らせていった。


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449472519
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック