2017年04月23日

ささやかに距離が縮まる




予報外れの急な雨の午後、祖父が住んでいる寺の庫裏を出ると、開け放った山門の陰に人の姿が見えた。
僕の学校の制服姿の女子。肩を落とすようにして空を仰いでじっと佇んでいる。雨宿りしているのだろうか?
同級生だろうか? それとも全然知らない別のクラス、学年の人? 後姿だけじゃ判断できない。
ともあれ、用事が終わって僕は自分の家へ帰らなきゃいけないから、どうしても、その女子のそばを通り抜けることになる。そのときにでもこっそり顔を確かめればいいか。
そんな風に思いながら、傘を差し、参道を歩いて行った。


雨に濡れた石畳はつややかに光を反射し、湿った空気が鼻腔をいっぱいにする。
境内に植えられた木蓮のいくつもの長い花びらから上品な香りが僕にまとわりつく。
一歩一歩山門に近づいていく間に、だれだろうという好奇心が僕の中に広がっていくのを感じていた。
そうして、僕は山門にたどり着いた。
傘を打つ雨音に気が付いたのか、その女子が振り返った。
「・・・・・・」
知っている顔だった。この春からの同じクラスの子だ。でも、まだ学校では話したことはない。だから、なんて声をかければいいのか迷った。それは相手も同じみたいだ。
しばらく、見つめ合うようにして向かい合い、それから、言葉を探してみた。
結局、この場にふさわしい言葉は思い浮かばなかった。だから、黙ったまま会釈した。
「・・・・・・」
山門をくぐり、参道の先を進む。振り返る。その子はまだ山門で立ち止まったまま、無表情に無数の雨粒の軌跡を描く灰色の空を見上げている。もちろん、手には傘を持っていないようだ。
僕が振り返ったことにも気が付いていないみたい。ただ、顔を天に向けている。雨が降り止むことを願うように。


やや湿り気を含んだ髪がさらりと揺れた。僕がまた戻っていったからだ。
すこしだけ大きく見開いた眼で僕を見つめてくる。
僕は傘を閉じ、無言でそれをその子に差し出した。
しばらく僕の手の中の傘を見つめ、それから僕に向かって首を振った。それでも、僕はその子の手に傘を押し付け、強引に柄を握らせる。そして、再び庫裏に向かって駆けていった。
後ろを振り返ることもなく、石畳の上を。


庫裏に飛び込むと、玄関のところに祖父が立っていた。
笑みを浮かべ、禿頭の頭をなでている。たぶん、一部始終を見ていたのだろう。それでも、なにも言わない。
「なに?」
「・・・・・・(にやり)」
気が付くと、静かな所作で僕に自分の傘を差し出していた。
さっき僕がそうしたように、祖父もまた僕に柄を強引に握らせた。ただし、その上で僕の手を軽くたたいた。
僕は気にしないフリをして外へ出た。


さっきの子は僕が山門まで引き返してもずっとそこにいた。
僕が新しい傘をさして、戻ってきたのを何か尋ねたそうな表情を浮かべて眺めている。
「この寺、じいちゃんの寺だから」
いいわけするようにつぶやいた僕の隣で、彼女は小さく『ああ、それでか』と返していた。
そのまま、僕は山門を通り抜け、再び参道に歩を進めた。その数歩後ろを彼女が僕の傘をさして歩いてきていた。
結局、短い参道の先、交差点で左右に別れるまで、そのままなにも話さずに歩いた。



次の日の朝、教室で彼女は僕に傘を返してくれた。
ちいさく消え入りそうな声の『ありがとう』それだけを短く添えて。
傘はしっかり乾かされていて、丁寧にたたまれていた。
何人かの友人たちが僕たちのそんなやりとりを見ていたが、だれもなにも言わなかった。
ただ、にこやかに僕のことを見守っているだけだった。
その日、何度か彼女と視線がぶつかった。でも、それだけだった。前日までと変わらず、僕たちはほとんどなにも言葉を交わさなかった。なにも変わらなかった。
ただ一つだけ変化があったのは、帰りに教室をでるとき、ドアのそばの彼女の席から『さよなら』って声が聞こえたことぐらいだろうか。
まるで僕に掛けたつもりじゃないみたいなささやきにも似た声。
僕は傘の柄を握る手に力を込めて、そして、力を抜いた。
「じゃあ、また、明日」
口の中で不鮮明につぶやいて、僕は廊下へ出る。その耳が、かすかな『うん』という返事をとらえた気がした。


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック