2017年03月12日

だれからもらったの?




「えっと、牛乳、牛乳・・・・・・」
お母さんから渡されたメモをたよりに食材の棚を物色していく。
「あった」
学校から帰って、顔を合わせた途端、お母さんにおつかいを頼まれたのだ。買い忘れていたものを買ってくるようにって。
だから、今、近所のスーパーでカートを押しながら回っているのだ。
「次は、卵っと・・・・・・」


棚をあちこちのぞき、ついでに晩ご飯のおかずになりそうな総菜をみつくろって。
一通りカートの中に頼まれた食材が揃ったのを確認して、レジへ向かおうとしたのだけど、
「あっ、五十嵐」
小麦粉なんかが並んでいる棚の前でカゴをぶら下げて、同じクラスの五十嵐が立っていた。商品を探していて私にはまだ気が付いていないみたい。だから、後ろをソーっと通ろうとしたのだけど、
「あっ、ごめんなさい」
棚の上の方の小麦粉をとろうとした五十嵐のカゴが私のカートにぶつかった。
「・・・・・・」
さっきまで同じ教室で授業を受けていた同級生。先月の席替えで隣同士になったとはいえ、今まで全然話したことなんてなかった男子だ。正直、どう反応していいものかわからない。
それは相手も同じみたいで、戸惑っている様子。
「わ、わるい。ぶつかった」
「あ、うん」
そのまま、うつむき加減で通り過ぎようとしたのだけど、五十嵐のカゴの中、ハチミツだとか、チョコチップだとか、生クリームだとかが入っている。どれも製菓用の材料だ。
家でお菓子でも作るのかな。今はもうすぐ三月の半ばって時期ではある。当然、この時期に男子がお菓子を作るってことは・・・・・・
――あれ? 五十嵐ってそんなにモテるタイプだっけ?
ひと月ほど前のことを思い出してみる。それから、友達と交換したいくつもの情報にあたってみる。五十嵐の姿を改めて念入りに観察してみた。
先月のバレンタインデーには、大半の男子がそうだったように、チョコなんて手に入れてはいなかったようだ。それに、同じクラスの女子たちのだれも五十嵐にあげるなんて言っていなかったはず。
あの華やかで爽やかなクラスの人気者の澤田くんならまだしも、地味でクラスの中でもとりわけ影の薄い五十嵐にチョコなんてだれもあげるはずがない。なのに、ホワイトデーのお返しのためのお菓子作り? ありえない。でも、カゴの中の物はそういうことだし。じゃあ、一体、だれが五十嵐になんかあげたんだろう?
不可解だ。


五十嵐みたいな子に好意を持っていそうな女子っていったら・・・・・・
図書委員の藤原さん? ふたりとも地味だし、結構お似合いなような。
あ、でも、だめか、あの子、隣のクラスの図書委員の男子といい感じなんだっけ。
じゃあ、気配り屋のひかりちゃん? 去年、クラス中の男子に義理チョコ配ってたし。
いや、でも、今年は男子へ義理チョコ配るのやめたって言ってたな。
あとは・・・・・・ 西田さん? たしか、席替え前に五十嵐の隣の席だったはず。
って、ないない。あの子、大山くんと付き合ってるし。
ほかは・・・・・・ いないよなぁ
じゃあ、一体、だれ?


頭をひねっても相手がだれか思い浮かばない。だから、直接尋ねてみることにした。
「ねぇ、五十嵐ってだれかからチョコもらったっけ?」
「えっ?」
「それ、お菓子作るんでしょ? ホワイトデーのお返しの」
「あ、うん」
「誰にもらったの? 私の知っている子?」
「い、いや。その・・・・・・」
だれだ、だれだ? 五十嵐になんかチョコ渡したの。どこの物好きだ?
「あ、わかった。三組の川島さんでしょ? こないだ廊下で二人なんかしゃべっているの見かけたし」
「えっ? ああ、あれは彼女がプリント落としたから、拾ってあげてただけで」
「あら、そうなの」
違うのか、じゃあ、一体?
「じゃ、ないとすると・・・・・・ 前田さんじゃない? 彼女、雰囲気そっくりだし」
「えっと、ま、前田さん? だれ、それ?」
「ほら、一組の」「知らない」
違ったか。えーと、だれだ、だれだ?
眉根を寄せて、脳をフル回転させて推理してみるのだけど、結局、全然思い浮かばなかった。っていうか、五十嵐、女子との接点なさすぎ。
「降参。分からないわ。だれなのよ、教えなさいよ」
「そ、それは・・・・・・」
困った顔するばかりで、結局、スーパーの前で別れるまでだれなのか教えてはくれなかった。
――別に隠さなくてもいいのに。まったく。



「あのさ。これ」
「えっと? なに?」
「お菓子」
「・・・・・・」
今日は三月十四日、ホワイトデー。学校へ着いた早々、先に来ていた五十嵐が隣の席から、私に可愛くラッピングしたお菓子の包みを押し付けてきた。
「私、バレンタインデーになにもあげてないよね?」「うん」
「じゃあ、なんで?」
「ほら、こないだスーパーで会った時に、なんかいろいろ訊いてきたでしょ? それ、ねえさんに話したら、その子にあげなさいって押し付けてきた」
「えっ? なんで?」
「あのとき、俺、ねえさんに頼まれた品物を買ってたんだ。お菓子、手作りして大学の女友達同士で交換するんだってさ」
「へぇ、そうだったんだ」
なんだ、詮索して損した。理由が分かって、もやもやが晴れた。すっきりした気分だ。だったのだけど、なんだか、五十嵐、まだ私のそばでもじもじしてる。なにか言いたそう。気になったので、
「どうしたの?」
さらに真っ赤になって、私の顔をまっすぐ見れないみたいで、
「あ、あのさぁ ねえさんが言ってたんだけど、俺がだれからチョコもらったのってしつこく訊いてきたのってさ、もしかしてお前、俺のことを・・・・・・ いや、やっぱ、いい」
ガサガサ。パリポリ。あら、これおいしい。
コソコソ。チラ。ぽっ。
「なっ、わけあるかぁ〜!」


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック