2017年02月19日

雛飾り




「フフッフ フフ フフーン♪」
鼻歌交じりに上機嫌な姉がリビングで旅行のガイドブックを眺めている。
「姉ちゃん、どっか旅行行くの?」
声をかけると、俺のことをチラリと見てきた。
「うん。そうだよ。今度のお休み」
「へぇ」
うん、まさに『へぇ』としか反応のしようがない。正直、姉の旅行になんかさほど興味があるわけでもないのだし。だというのに、
「どうかな、どうかな。やっぱり、京都へ日帰りかな? 初めてのデートだし。夜景の綺麗なホテルでディナーとかもありかも。それとも、どっか田舎の温泉めぐりとか。今の季節だったらスノボとかもありよね。ああ、迷っちゃう」
ついぞ、姉から聞かれたことがない単語が出てきた。
「デート、姉ちゃんが?」
「なに? おかしい?」
「い、いや・・・・・・」
なんというか、今まで浮いた噂ひとつなかった姉がデートって・・・・・・ いや、まあ、すでに社会人なわけなんだし、そういうのない方がどうなのよって話ではあるが、でも。
「う〜ん。でも、それ、ガチすぎない? まあ、いいけど。それに、姉ちゃんが行き先とか勝手に決めちゃっていいの? 相手の人の都合とか訊かなくても?」
「うふふふ。大丈夫よ。後で電話するもの。ああ、はやくあの人の声ききたーい」
気持ち悪い笑顔でそうのたまうわけで。うん。ちょっと浮かれすぎかな。
「そ、そうなんだ」


というわけで、新しい天皇誕生日、朝から姉は満面の笑みを浮かべてでかけていった。
あとに残った俺はというと、
「いらっしゃい」「お邪魔します」
「智彦、智彦。お友達がいらっしゃったわよ」
「オーイ、上がってきて」
というわけで、近所の友人宅にお呼ばれだ。
小学校からの親友の智彦。今日は先日買った新作のゲームを二人でプレイする予定。
早速、智彦の部屋にあがりこみ、携帯のゲーム機を取り出してのプレイ。だったのだが、
「お兄ちゃん。今ヒマ? こっち手伝ってよ」
智彦の妹の寿々菜ちゃんがノックもなく飛び込んできた。
「あ、こ、こんにちは」「こんにちは」
部屋の中の俺と目が合う。途端によそ行きの声を出してくる。うん、しばらく見ないうちにいろんなところがすっかり女の子らしくなっちゃって。
「わりい、今、マサとゲームしてんだ」
「そ、そうなんだ。じゃあ、いいや」
なんか、そう言われるとバツの悪い思いをするもので、
「あ、なんなら、俺手伝おうか? ゲームならいつでもできるし」
「えっ? で、でも・・・・・・」
「おい、マサ、ちょっと待てよ」
ちょっとはにかみながら上目づかいで口ごもる姿は、なかなかにかわいらしいものがある。うん。これは絶対、手伝うべきだろうな。
「な、トモも手伝うよな」「えー、ヤダよ。面倒くさい」
「そういうなよ」
智彦の腕を強引にとって、寿々菜ちゃんの返事も聞かずに立ち上がる。
「いこか」「え、で、でも」
可愛いな。こんな子が智彦の妹だなんて、いまでも信じられないや。
というわけで、むりやり手伝うことになった。


寿々菜ちゃんに案内されていった先は、客間。すでにいくつかの大きな桐の箱が運び込まれていて、蓋が取り払われている。そこから見えているのは、白い和紙に包まれた人形。雛人形だ。
「雛人形、飾るの?」「うん。そうだよ」
「うちも姉がいるから、そろそろ飾らないとな」
「へぇ、そうなんですかぁ」
「あれ? しらなかった?」「はい。初めて聞きました」
「そっか、言ってなかったか」
なんて、たわいもない会話を交わしていたのだけど、
「雛壇の骨組みを組み立てからでないと、飾れないのだけど、私だけじゃ無理だから」
「あれ? 母さんは?」
「買い物に行っちゃったよ」
「しゃーねぇな」
そうして、俺と智彦で雛壇の骨組みを組み立て始めた。
七段の豪華な雛壇。大きいけど、簡単な作業。意外と楽しいかも。最後に緋毛氈をセットして、雛壇の骨組みは完成した。
「人形並べるのも手伝うよ」
「え、でも」
「一人じゃ大変でしょ?」
「う、うん」
「それに、俺、姉ちゃんので慣れてるから」
ま、たしかに姉の雛人形の準備に子供のころから駆り出されてきたわけだから、分かっているのは確か。もっとも、あんなクソつまらないものはないと思っていたんだけど。
そうして、寿々菜ちゃんの近くに座って、お互いの学校のこと、智彦のことなんかを話題にしながら、雛人形を並べていくのだった。
そんなたのしい時間はあっという間に過ぎていった。
「よいしょ。ここをこうして、できた! 完成!」
寿々菜ちゃんが最後の飾りを飾り終え、雛飾りは完成した。
うちにあるものよりも何倍も豪華そうなすごく見栄えのする雛飾り。綺麗だ。
「綺麗だ」「でしょ」
そして、それをうっとりと眺める寿々菜ちゃんの横顔も、
「きれ・・・・・・」
「コホン そろそろ、ゲームに戻ろうぜ」
「あ、ああ、わかった。そうしよう」
なぜか不機嫌そうな智彦に促されて、俺は再び智彦の部屋へ戻るのだった。


智彦がやけにむきになって俺に勝とうとしてくるのだが。珍しいこともあるものだ。こいつにこんな闘争心があったなんて、意外な発見だ。
ともあれ、遅くまで智彦とゲームをして、俺は智彦の家を辞去することにした。
外はすでに日も暮れて、真っ暗。俺の家まですぐ近くだし、途中、途切れることなく街灯の明かりもあるから特に危険はない。
「じゃあ、今日はお邪魔しました」
「ああ、また来いよ」「今日は手伝ってもらってありがとうございました」
智彦と寿々菜ちゃん兄妹に見送られて、俺は自宅への道をたどり始める。
うん、本当に今日はいい一日だった。それに、寿々菜ちゃん、可愛かったな。絶対に、あの智彦の妹だっていうのはウソだな。血がつながっていないに違いない。でなければ、あの智彦にあんな可愛い妹さんだなんてありえない。
胸をほっこり温かくさせながら、我が家の門扉にたどり着いた。
ドアを開ける。
「ただいまー」
すぐに廊下の先から姉が顔を出してきた。
「あ、いいところへ帰ってきた。雛人形出すの手伝いな」
「ええ、やだよー」
「いいから、さっさと手伝えっての」
なんで、俺が人形出すの手伝わなくちゃいけないんだよ。ったく。もっと遅くに返って来ればよかった。まったく。
そうして、しぶしぶ姉の雛人形飾る準備を手伝うことになったのだ。
「ああ、そういや、姉ちゃん、今日デートとかいってなかったか? いいの、こんなことしてて」
「あは。それがねぇ 聞いてよ。あの人ねぇ」
楽しげ今日の昼の出来事をのろけながら雛人形を飾る姉を見ていたら、閉口するばかりだ。うん。雛人形を飾るのって、ホント全然たのしくないよね。
早くこの時間、終わらないかな。そういう時間ほど長く感じるのはなぜだろう。
とにかく、早く雛人形の準備、終れ!


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447150114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック