2017年02月12日

カラオケ店




カラオケ店に入る前に俺は家に電話をかけた。出たのは妹。
『そう、分かった。じゃ、遅くなるってお母さんに言っとくね』
「ああ、頼む」
『はーい。ね、今日のバレンタイン残念会、楽しんできてね、お兄ちゃん』
「うっ・・・・・・」
今の電話では一言も今日誰からも義理チョコすらもらえなかった男子たちの残念会だとは伝えていないというのに。
妹よ。こんなときだけ鋭くなるの、お兄ちゃんはいけないと思います。


店に入ると、先に入っていた長谷川が手続きを済ませており、俺たちは指定された個室に入っていった。
それぞれに飲み物を注文し、三々五々、歌いたい曲を入力していく。最初に長谷川が入れた曲のイントロが流れだした。
「失礼します」
長谷川が歌い始めようとマイクを構えたちょうど同じタイミングで、人数分の飲み物を盆にのせて、アルバイトの女性店員さんが部屋に入ってきた。
慎重にグラスをテーブルの上に並べる。それを一番端にいた俺が隣のヤツへ受け渡していく。
「コーラ頼んだの」「あ、俺」
「ジンジャーエールは岡だっけ?」「そそ」
「たしか斎藤はウーロン茶だったよな」「ありがと」
残ったのはレモンスカッシュ。俺のだ。全員にグラスが行き渡った。けど、なんだろう、飲み物を運んできてくれた店員さんが、俺のことを見て、目をパチクリさせているんだけど。
それも一瞬のことで、すぐに気を取り直して、店員さんは頭を下げて出ていった。


全員が何曲か歌い終わり、それぞれの前のグラスが空になっている。お代わりを注文し、またさっきの店員さんが飲み物を運んできてくれたが、すぐに出ていった。その際、俺の方に微笑みかけてきてくれたような気がした。たぶん、思い過ごしなのだろう。知ってる人じゃないし。
ってか、チョコほしいほしいっていうやり場のない気持ちが、そんな幻覚を見せたのかもしれない。うん、きっとそうだ。そうにちがいない。
そうして、お腹の中が限界まで水分で満たされたので、トイレへ立った。
用を足し、手を洗って廊下へ出てみると、ポケットの中のケータイに着信。浜野からのメッセージだった。
――なにしてる?
――カラオケ
――どこ、俺も行く
――くんな、ボケ。本命チョコもらった裏切り者は出入り禁止じゃ!
――うらやましいだろう(笑
ハート型のチョコをかじっている写真を添えてきやがった。ったく。
――地獄へ落ちろ!(怒
「はぁ〜 なんで、渡辺なんかに・・・・・・」
萩原ちゃん、絶対、俺の方に気があると思ってたのにな。
どこで逆転されたのか、正直、よく分からない。去年の春からずっと、クラスの男子の中で俺が一番仲のいい相手だったはずなのに・・・・・・
涙でそう。ううう・・・・・・
トイレの前で凹んでいたら、
「中川、久しぶり」
声をかけられた。見ると、さっきの女性の店員さん。
「えっ?」
正直、見覚えがない人なんだけど? でも、俺の名字を知っている。どこかで会ったことがあるのか? でも、誰だ?
「あ、その顔、分かってないな。薄情だな。中三のとき、同じクラスだったのに」
「・・・・・・」
そう言われると、なんとなく知っているような気がしないでもない。
「ほら、私。覚えてない?」
う〜ん・・・・・・ だれだ?
「もう、安田ミカだよ。私のこと忘れちゃった?」
「えっ? ウソ?」
「ほんと」
思わず、マジマジと見つめてしまう。安田ミカといえば、陸上部でいつも日に焼けていて、見事に真黒な顔をしていた。なのに、今、目の前にいるのは、色白でおとなしそうな印象の女性。
けど、ニッと歯を見せて笑うその表情、確かに安田ミカのものだった。
いや、しかし・・・・・・
「なによ。久しぶりに会ったっていうのに、その態度は」
「いや、でも」
女子っておそろしい。まったくの別人みたいだ。化粧のせいか?
驚いていると、
「ああ、そうだ。はい、これ」
俺の手の中に銀紙に包まれた小さなハート形を押し付けてきた。チョコだ。
「えっ! ええっー!」
中学のときも、安田ミカどころか女子から義理チョコですらもらったことがなかったのに、いきなりそんな・・・・・・
「えっ? うそ。安田って、俺のこと」
「はぁ?」
呆れたような表情を浮かべている。
「な、わけないでしょ。大体、中川が今日ここへ来るなんて、思ってもいなかったんだから」
「で、ですよね・・・・・・」
「それ、店のサービス品。今日は男性客全員に配ってるの」
「そ、そうなんだ・・・・・・」
なんだか、すごく残念な。でも、まあ、こんな形とはいえ、同年代の女子からチョコをもらえたわけなのだから、喜んでもいいよね。
「ありがとうな。うれしいよ」
「どういたしまして」
「あ、そうだ。小笠原に安田にチョコもらったって自慢してやろ」
仲良く一緒に並んでポーズをとって、ケータイで写真をとって、今でもたまに連絡を取り合う中学時代の悪友にメッセージを送った。
すぐに返事が来た。
――ええっ! お前ら付き合ってたの!
二人で画面をのぞいて、一緒に声を上げて笑ってしまった。


「ありがとうございました」
安田に見送られて店をでる。俺たち全員、それぞれにサービスのチョコを手にして、どこかにやけている。
「今の子、可愛かったな」「だな」
「きっとカレシいるんだろうな」「だろうな」
不意に全員黙り込んだ。たぶん、それぞれに、安田と付き合っているのが自分だったらとか想像しているのか。俺も。いや、ないないない。
そうして、満足したのか、お互いの顔を見交わしている。
って、こんなことで満足しちゃうから、チョコもらえないんだろうな。
「来年こそは」「いや、無理だろう」「いやいや。もしかしてってことも」「ないな」
「「「「はぁ〜」」」」
四人分の虚しいため息が重なって冬の道路に響いた。そして、たぶん、来年もこのメンバーとカラオケなんだろうなと確信した。ハァ〜


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446934542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック