2017年05月07日

ハンカチ




息子の裕太郎と同じ中学に通っているお嬢さんを持つ友人と今日はランチだ。
でも、この味でこの金額なら、裕太郎にもっとおいしいものをお腹一杯になるほど食べさせてあげられるのにな。
ちょっと残念な気分でランチを平らげ、先日の母の日に娘さんからプレゼントされたとかいうハンカチを自慢げに見せびらかせられて、食後のコーヒーを飲んだ。
大学時代からの友人。子供たちが同じ学校に通っているママさん友達でもあるので、これまでにも定期的に会って昼食を共にしてきた。けど、毎年、この時期と誕生日になると、娘さんからプレゼントをもらったとうれしそうに報告してくるんだよね。
うちのドラ息子なんて、小学校に入って以来一度もプレゼントなんかくれたためしもないのに。これが、女の子と男の子、娘と息子の違いなのかしら?
はぁ〜
ついつい、うらやましてくてため息が出てしまう。


ちょっと鼻白み気味に食後のデザートのシフォンケーキをフォークの先でつっ突いていたのだけど、
「あら、山崎さん、こんにちは」
隣のテーブルについたばかりの女性客が私に声をかけて来た。
「あらぁ 丸山さん、こんなところで会うなんて奇遇ですわね」
我が家のお隣の奥さんだ。お隣にも我が家のドラ息子と同学年の男の子がいる。
「そうですね。お昼ですか?」
「ええ、私はもう食べ終えたところですの」
「あら、そうなんですの。私は今から。なんでもここのオススメランチが美味しいって評判みたいなので」
口元に手を当てて、内緒話でもするように小声で返事をする。
「評判ってあんまり当てになりませんものね。私の口にはちょっとねぇ」
「あら、そうなんですの」
「ええ。脂っこいっていうのかしら」
「そうなんですの。じゃあ、どうしましょう。私、別のものを頼もうかしら」
「ええ、そうされた方が賢明かもしれないですわね」
微笑みをかわして、話を終えた。


もちろん、丸山さんの奥さんもお友達と一緒で、評判のランチを楽しみにしているお友達の手前、丸山さんだけが別のものを頼むってわけにもいかなかったようだ。
「ちょっとお花を摘みに」
そうこうするうちに、私の友人が上品に席を離れた。話し相手がいなくなったので、席でぼうっとしていたら、隣のテーブルからの話し声が耳に入ってくる。
「ほら、見てよ。いいでしょ。うちの息子が母の日のプレゼントにってくれたんですのよ」
丸山さんが取り出したのは、まったくついさっき観た覚えがあるようなハンカチで。そのハンカチをうれしそうに掲げて、向かいの席の友達に見せびらかせている。
「息子が母の日にプレゼントをくれるなんて、もう何年ぶりのことかしらねぇ。なんでも、あの子、この春から同じ学校にカノジョができたらしくて、その子にいいところ見せたいからって、彼女と一緒に買ってくれたらしいのよ」
「あら、まあ。じゃあ、もしかして、そのハンカチを選んだのって?」
「ええ、そのお嬢さんらしいわ。ほんと、あの子ったら、急に色気づいちゃって」
それでも、息子さんからのプレゼントには違いないので、幸せそうにハンカチを大事にたたんでバッグにしまう。
「じゃあ、そのうち、そのお嬢さんをおうちに連れてきたりなんかして」
「うふふ。かもしれませんわね。でも、こんな素敵なプレゼントを息子のために見立ててくれるなんて、きっとすごく素敵なお嬢さんに違いないですわね。おほほほ」


うん、たしかにあの子はいい子だとは思うわよ。
同意しそうになったのだけど、考えてみたら、私が思っている相手と同一人物である保証はないわけで。
けど、まったく同じものを見立てて自分の母親にプレゼントしてるわけだしねぇ〜 十中八九・・・・・・
「お待たせ」
友人が戻ってきた。
「そろそろ行きましょうか」
「ええ、そうね」
バッグを手に立ち上がり、丸山さんと軽く手を振りあって席を立った。レジで精算し、外へ出る。
「ねぇ、もしかして、斗亜ちゃんって彼氏とか?」
「あら、よく知ってるわね。最近、同級生の男の子と付き合いはじめたらしいのよ。名前はまだ聞いてないけど」
「そうなんだぁ・・・・・・」
「本当は、裕太郎くんみたいな子がいいのだけど」
「あら、どうして?」
「だって、ほら、裕太郎くんって勉強ができるし、運動神経もいいでしょ」
「そんなことないわよ。どんくさい子よ」
「そんなことあるわよ。うふふ」
リップサービスと分かっていても、母親にとっては息子が褒められるのってうれしいもので。笑みが勝手にこぼれるのを止めることはできなかった。


けど、そっかぁ お隣の礼史くんと斗亜ちゃんって付き合ってるのか。
駅前で友人と別れて、帰り道をたどる。
それに引きかえ、うちのドラ息子ときたら。何やってるのかしらね。
あのいたずら小僧の礼史くんでさえ恋人がいるのに、裕太郎ったら、本当、いつまでもグズグズして。
母親のひいき目を差し引いても、女の子が放っておかないほどには十分に整った顔立ちをしている子なのに。まったく。
ああ、あの子が私に母の日のプレゼントをくれるのはいつのことになるのかしら。
その日を待ち遠しく感じながら、夕焼け道を歩くのだった。独り言をつぶやきながら、
「でも、本当に、センスのないパッとしないハンカチだわ。ウフフフ」


短編・ショートショート 目次(2017)へ
↓↓↓ついでに、ポチッとしてくれると、やる気が出るかも^^b ↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログへ人気ブログランキングへ


posted by くまのすけ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 短編・ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする